利用規約

JSバックアップは「かんたん操作」にこだわった操作性/性能を追求したバックアップ/復元/データ移行などができるアプリケーションです。

この「サービス利用規約」(以下、「本規約」という)は、株式会社情報スペース(以下、「当社」という)が、無償、及び有償として提供しているJSバックアップサービス(以下、「サービス」とする)の基本的条件を定めるものです。
なお、本規約に同意いただくことによって、サービスをご利用いただくことができます。
当社は、事前の承諾を得ることなく、本規約を随時変更できるものとします。内容の変更については、JSBackupホームページ( http://jsbackup.net/license_ios.html )に公開した時点で承諾したものとみなします。本規約の変更の効力が生じた後に本サービスの利用を継続する場合には、変更後の本規約の全ての内容に同意したものとみなされます。

■ 主な特徴 ■

バックアップ/復元機能
1.標準アプリデータ[※1]、画像、動画(以下、「メディアデータ」という)のバックアップ、復元ができます。
2.バックアップ先として、当社のクラウドストレージ(以下、「JSクラウド」という)[※4]、他社クラウド[※5]にバックアップ/復元が可能です。
3.データ移行に特化した機能として、JSクラウドを利用することが可能です。
4.PC連携機能を利用することで、Windows PCをバックアップストレージとして利用することができます。


かんたんデータ移行(以下、「当機能」という)では、当社のクラウドストレージ[※4]に標準アプリデータのみバックアップを行いクラウドサーバに送信する機能を保有しております。
当機能ではプライバシー情報を当社バックアップサーバに送信するため、ユーザがパスワード保護しなければバックアップサーバに送信することができません。なおパスワードはサーバに記録されませんので、大切に覚えておいてください。
1.当機能は無料で利用できますが、標準アプリデータは最新の取り出しデータのみしか保存できません。
2.データを取り出した結果は、QRコードを利用してJSバックアップでのみダウンロードおよび復元ができます。そのため、QRコードも大切に取り扱ってください。
  当社サービスのユーザ登録[※6]を行った場合には、QRコードを何度も生成することができます。QRコード経由で無くても復元することもできます。
3.無償ユーザの場合は、最大保存期間は7日間で自動的に削除されます。ユーザが自分で削除を行うこともできます。
4.QRコードを利用してデータをダウンロードする場合、短時間で複数回行うとサーバでアクセス禁止されます。その場合は時間を30分以上空けて再度利用してください。

有料機能では以下の機能が追加サポートされています。なお、有料機能をご利用される場合は、当社サービスのユーザ登録[※6]を行う必要があります。
1.無料版同様にQRコードで復元できますが、ログインすることでQRコードを紛失した場合でも復元が可能です。
2.30日間は自由に利用できる期間限定機能として、3Gバイトまたは5Gバイトのメディアデータ(写真/動画)が追加でバックアップされますが、1つのファイルサイズが200Mバイトを超えるファイルはバックアップされません。
3.月額課金を行って頂きますと、全体のクラウドストレージとして20Gバイトを自由にご利用できます。更に、定期的にバックアップを行いますので、常に最新の状態にすることができます。
4.月額課金を行っているユーザには、将来サポートされます各種機能を提供する予定です。

※1 標準アプリデータとは、連絡先、カレンダーです。
※4 画像、動画は有償としての当社サービスとなります。
※5 Google Drive、Dropbox、データ保管BOX(復元のみ)をサポートしています。ご利用の際には各社サービスから登録してください。
※6 ユーザ登録のみは無料で行えます。


第1条 サービス内容の保証および変更
当社は提供するサービスの内容について、ソフトウェアの完全性、確実性、動作必要条件を満たす場合であっても、利用者の使用環境において動作することを保証しておりません。また当社は、お客様にあらかじめ通知することなく本規約を随時変更できるものとし、サービスの内容や仕様、価格などを変更したり、提供を停止したり中止したりすることができるものとします。ただし、ご利用いただいているお客様に大きな影響を与える場合には、あらかじめ合理的な事前告知期間を設けるものとします。
本ソフトウェアは、明示的に認められた場合を除き、本ソフトウェアを第三者に配布、レンタル、リース、貸与及び譲渡することはできません。
お客様が当社への連絡を希望される場合には、当社が設けた問い合わせページまたは当社が指定するメールアドレス宛のメールによって行っていただくものとします。当社は、原則としてお客様からのお問い合わせに対する回答をメールのみで行います。お問い合わせに対する回答メールは、完全性、確実性を保証しておりません。
なお、当社は、提供するサービスに当社または当社に掲載依頼をした第三者の広告を掲載することができるものとします。


第2条 サービスの利用資格
本サービスのご利用に関しては、まず本製品をダウンロードしていただくことで利用可能になります。
他社クラウドおよび外部サービスとの連携に関しては、各々のサービスの認証画面にて認証を許可していただく必要があります。またこの認証に関する情報はトークンとして当社サーバにて管理することとします。本サービスの利用に際しては、利用者は本サービスによるこれらの情報の管理すべてに事前に合意したものとみなします。

【アカウントの設定に関して】

アカウントの設定に関して、次の事項(1)~(8)に該当するとみなされた場合にはサービスの利用資格はないものとします。ただし当社は、サービスの利用者が次の事項に該当するかを確認する義務を負うものではありません。また登録情報に不備があったことによりサービスの利用者が不利益を被った場合であっても、当社はその責任を負うものではありません。
アカウントの設定に関しては、一定の年齢以上の方に限定したり当社が定める本人確認などの手続を経て一定の要件を満たしたお客様のみに限定したりするなど、利用に際して条件を付すことができるものとします。なお、未成年者がサービスを利用する際、事前に親権者の同意が必要となります。
(1) 他人のアカウントを不正に利用する行為、不正に当社の設備または他人の保管電子データにアクセスしようとする行為
(2) コンピューターウイルス等有害なプログラムを使用または提供する行為
(3) 自己のアカウントを他者に使用させる、またはその目的でアカウント設定情報を公開する行為
(4) 虚偽の情報を用いてアカウントの設定を行い、サービスを利用する行為
(5) 他者の著作権、商標権等の知的財産権、肖像権、名誉や信用を毀損し、あるいはプライバシーを侵害する行為または他者に有形、無形の不利益、損害等を与える行為
(6) 公序良俗に反する行為または犯罪行為または犯罪行為に結びつき、もしくは犯罪を助長する行為
(7) 猥褻、児童ポルノまたは児童虐待に相当する画像、文書等を送信もしくは表示する行為、またこれらを収録した媒体を販売する行為、その送信、表示、販売を想起させる広告等を表示する行為
(8) その他法令に違反する行為またはその他当社が不適切と判断する行為


第3条 アカウントに関する利用者の責任
利用者は、設定したアカウント情報に関して自らの責任において管理・使用するものとし、一切の責任を負うものとします。利用者は、アカウント設定に関する情報を第三者に貸与、譲渡を行うことはできないものとし、第三者に使用されたことにより生じた損害等について、当社はいかなる責任も負わないものとします。
利用者が設定したアカウント情報と同一の情報でサービスを利用された場合には、当社は当該アカウントを登録されている利用者本人による利用であるとみなして、当該アカウントを用いたサービスの利用や商品の購入などによって料金や代金(当社のサービスのご利用にかかる代金、利用料、会費その他名目は問いません。また当社が第三者から回収を委託した利用者の債務を含みます。以下「代金」といいます)が発生した場合には、当該アカウントを登録されている利用者に課金いたします。
利用者の行為が原因で生じたクレームなどに関連して、当社に費用が発生した場合または当社が賠償金などの支払を行った場合、利用者は当社が支払った費用や賠償金など(当社が支払った弁護士費用を含みます)を負担するものとします。


第4条 請求および支払
有償サービスをご利用する際には、利用者の口座は当社があらかじめ定めた金融機関のものに限られ、ご本人名義である必要があります。また当社が必要と判断した場合は、利用者の代金の決済額について、ご利用限度額を定める場合があります。
当社が提供する商品またはサービスをご利用の場合は、原則としてApp Store経由にて請求いたします。ただし、請求の締め日については、ご利用の各金融機関にご確認ください。
当社は代金決済については、利用者に対して領収書などは発行いたしません。お支払については取消不能であり、支払済の料金は返金不能になります。なお、月額等による支払いについては解約することは可能ですが、利用の当月についての解約はできません。なお、利用者が当社に対してお支払を遅滞した場合、当社はその債権を第三者に譲渡できるものとします。

当社が提供する商品・サービスを除いて、当社は利用者が購入または利用される商品・サービスについて、利用者との契約関係には立ち入りません。
利用者がサービスの利用を停止された場合、登録した金融機関などの登録情報に不備がある場合、および利用者の事情に起因して利用者が支払もしくは受取ができない場合には、当社は利用者の損害について責任を負わないものとします。


第5条 電子データの取扱いに関する同意
本サービスでは、端末内に保存されているバックアップ対象データをクラウドへ保存する場合、バックアップ情報を当社サーバ側に保存[※]する必要があり、本サービスの利用者は本サービスによるこれらのデータの取得に事前に同意したものと見なすものとします。
またこれらのデータに関する検索についても、利用者は事前に承諾したものと見なされ、この同意に基づいて本サービスが提供されるものとします。
※ JSクラウドへ保存する場合は、当社サーバーにバックアップ対象本体および管理情報を高度暗号化処置後に保存されます。他社クラウドへ保存する場合は、管理情報のみ当社サーバーに保管されます。

当社の管理するサーバに保存している電子データのバックアップに関しては、当社はその保存、毀損、損失などに関しては一切その責任を負わないものとします。なお当社のサービスの保守や改良などの必要が生じた場合には、当社は管理するサーバに保存している電子データを、サービスの保守や改良などに必要な範囲で複製等することができるものとします。

電子掲示板など、不特定または多数の会員がアクセスできるサービスに対して利用者が投稿などをしたコンテンツについては、利用者または当該コンテンツの著作権者に著作権が帰属します。当該コンテンツについて、利用者は当社に対して、日本の国内外で無償かつ非独占的に利用(複製、上映、公衆送信、展示、頒布、譲渡、貸与、翻訳、翻案、出版を含みます)する権利を期限の定めなく許諾(サブライセンス権を含みます)したものとみなします。なお、利用者は著作者人格権を行使しないものとします。

当社は、利用者の許可を得ることなく、電子データの閲覧及び第三者への開示を一切行わないものとします。ただし、次の各号のいずれかに該当する場合は、その目的の範囲内で、電子データを閲覧し、またはこれを第三者に開示できるものとします。
(1) 第三者の生命、健康、財産等の重大な利益を保護するために必要であると当社が判断した場合
(2) 法令に基づく開示命令があった場合
(3) 当社が保管する電子データが、本規約第2条に定める利用資格に反した行為、またはその恐れがあると当社が判断した場合
(4) 当社が保管する電子データの種類(ファイル形式等)、文字情報、アクセス状況、付加情報、容量・個数等の統計的な情報を、個人を特定しない形で取得し、当社および当社の提携先が開発するソフトウェアの改善や向上のために用いる場合。
(5) 当社が保管する電子データの種類(ファイル形式等)、文字情報、アクセス状況、付加情報、容量・個数等の統計的な情報を、個人を特定しない形で取得し、当社および当社の提携先が特定する情報に変換した情報を、サービスを閲覧している不特定多数の人に表示する場合。


第6条 個人情報の取扱い
本サービスの利用に際してはバックアップ対象先となる他社クラウドサービスのアカウントと認証のためのトークン(パスワードではない)を当社サーバ側にて保存する場合があることを事前に同意したものと見なします。

当社が取得した個人情報の利用は、当社のサービスまたは当社を経由してご利用いただくサービスを提供するために必要なものに限られています。
当社は、取得した個人情報を次の事項で利用します。
(1) 利用者にご自分の登録情報の閲覧や修正、サービスのご利用状況の閲覧を行っていただくための場合
(2) 利用者にお知らせや連絡をするためにメールアドレスを利用する場合
(3) 利用者の本人確認を行うために、個人情報などを利用する場合
(4) 本規約に違反した方や、不正・不当な目的でサービスを利用しようとする方のご利用をお断りする場合
(5) 利用者からのお問い合わせへの対応

また、本サービスの利用に際しては、個人情報について次の事項へ同意が必要となります。
(1) 情報公開者、投稿者などを利用者同士が識別できるように、識別できる名称やニックネームなどを、サービスを閲覧している不特定多数の人に表示すること。
(2) 利用者が有料のサービスや商品の申込みをしようとする際に、申込みに必要な情報を当社が指定する当該提携先に開示すること
(3) 本規約に違反した方や、不正・不当な目的でサービスを利用しようとする方のご利用をお断りするため、個人を特定するための情報を提携先等に開示すること
(4) 提携先のサービスなど、当社以外の会社が提供するサービスに関するお問い合わせを当社が受けた場合で当該提携先に開示すること
(5) 裁判所から、法令に基づく開示を命じる判決もしくは命令を受けた場合、または警察などの公的機関から、捜査権限を定める法令に基づき正式な照会を受けた場合
(6) 人の生命、身体および財産などに対する差し迫った危険があり、緊急の必要性がある場合であって、本人の同意を得ることが困難な場合
(7) その他、個人情報保護法上許容される場合


第7条 サービスの利用停止、電子データなどの削除
当社は、提供するサービスを適正に運営するために、以下の場合にはあらかじめ通知することなく、電子データやコンテンツを削除したり、サービスの全部または一部の利用をお断りしたり、利用者のアカウントを削除したりするといった措置を講じることができるものとします。
利用者が以下の各号のいずれかに該当していると当社が判断する場合、アカウント設定を承諾しない場合があります。
(1) アカウント設定の内容に虚偽の記載、記入漏れ、誤記があった場合
(2) 有償サービスの申込者について、指定のクレジットカードの発行会社より無効扱いの通知を受けた場合、App Storeより無効扱いの通知を受けた場合
(3) 利用者が、過去に当社によってサービスの利用を停止され、または解約された者である場合
(4) 利用者が破産もしくは民事再生の手続の申立てを受け、または利用者自らがそれらの申立てを行うなど、利用者の信用不安が発生したと当社が判断した場合
(5) アカウントが反社会的勢力またはその構成員や関係者によって登録または使用された場合、もしくはそのおそれがあると当社が判断した場合
(6) その他当社が利用者として不適切と判断した場合


第8条 ソフトウェアに関する順守事項
当社が開発するソフトウェア(以下本ソフトウェア)の知的所有権は、当社または当社の提携先に帰属します。
本ソフトウェアは、完全性、確実性、動作必要条件を満たす場合でも、利用者の使用環境において動作することを一切保証しておりません。また、予告なく本ソフトウェアの仕様を変更するものとし、本ソフトウェアを利用したことによっていかなる損害が発生した場合や、仕様の公開提供、利用者の許諾プログラムに関する技術保守、機能改善等のいかなる技術的提供の義務などを当社は負うことはできないものとします。
本ソフトウェアの利用にあたり、次の事項は禁止とします。
(1) リバースエンジニアリング、逆アセンブルを行うこと、またその他の方法でソースコードを解読すること
(2) 人の生命・身体または財産に重大な危険をおよぼすおそれのある設備などを制御するためなどに本ソフトウェアを利用したり、当社が定める指示などを順守しない用法で本ソフトウェアを利用すること
(3) 対価を受ける目的で本ソフトウェアまたは開発するソフトウェアを自ら利用し、または第三者に利用させたり、当社が指定する方法による事前の承諾を得ることなく、本ソフトウェアを販売、再配布、賃貸、使用許諾すること
(4) その他当社が不適切と判断した場合


第9条 免責事項
当社の責に帰すべき事由により利用者に損害が発生した場合の損害賠償の範囲は、当該利用者が直接かつ現実に被った通常範囲の損害とし、賠償額の上限は、当該利用者が損害を被る原因となった有償のサービス及び個別の有料機能等に関して当該会員が当社に支払った金額を上限として損害賠償責任を負うものとします。


第10条 準拠法及び管轄裁判所
本規約の成立、効力発生、解釈にあたっては日本法を準拠法とします。また、本規約の適用、解釈及びサービスの利用に関わる全ての紛争は、東京地方裁判所または東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。



JSクラウド利用規約

■ JSクラウド利用規約 ■
JSクラウドを利用する場合、上記の利用規約に加え更に下記内容が追加されます。


■ JSクラウドの概要 ■
標準アプリデータ、画像、動画(以下、「メディアデータ」という)のバックアップ、復元ができます。
バックアップ機能を利用した写真データ(以下「コンテンツ」)を200ピクセル程度にサムネイル化したコンテンツを保存しどんな画像であるか認識します。更に、写真撮影した位置情報も解析され将来提供されるビューアーソフトウェアで閲覧することができます。
ビューアーソフトウェアでは画像認識および位置情報解析した結果の情報を自由に利用することができます。
JSクラウドでは、高度な暗号化が行われ保管されています。アカウントやパスワードがなければアクセスすることができませんので、大切に保管しておいてください。


第1条 JSクラウドのご利用
JSクラウドを不正に利用しないでください。たとえば、JSクラウドの妨害や、本製品が提供するインターフェースおよび手順以外の方法によるJSクラウドへのアクセスを試みてはなりません。利用者は、法律(輸出、再輸出に関して適用される法規制を含みます)で認められている場合に限り、JSクラウドを利用することができます。利用者が JSクラウドの規約やポリシーを遵守しない場合、または当社が不正行為と疑う行為について調査を行う場合に、当社は利用者に対するJSクラウドの提供を一時停止、または停止することができます。
JSクラウドは、今後の機能の改良と追加に伴って、変更される場合があります。当社は予告なく、JSクラウドを随時中止、停止、または変更することがあります。また、当社の裁量によりJSクラウドからいずれかのコンテンツを削除することがあります。


第2条 利用者のコンテンツおよびプライバシー
利用者は、利用者自身のコンテンツに対する完全な所有権を保持します。当社は利用者のコンテンツに対する所有権を一切主張しません。本利用規約は、以下で説明するように本サービスを遂行するために必要な限定的な権利を除き、利用者のコンテンツの権利または知的財産権を当社に付与するものではありません。
利用者は、JSクラウドを運営する目的に限り当社が実施するために必要なアクセス権を付与するものとします。このアクセス権は、記憶領域を提供する Amazon を初めとして、当社と協力して本サービスを運営する信頼できる第三者にも適用されるものとします。
プライバシーポリシーで 特定するごく一部の例外を除き、JSクラウドのいかなる変更にもかかわらず、当社はいかなる目的でも利用者の指示がない限りは、利用者のコンテンツを司法当局を含めた他者と共有することはありません。当社が利用者の情報を全般的にどのように収集および使用しているかについては、プライバシーポリシーにも記載されています。
利用者はJSクラウド使用中のご自分の行為、ご自分のコンテンツの内容、および他者との通信について、単独の責任を負うものとします。たとえば、利用者は本利用規約に従うために必要な権利または許可を確保する責任を負っています。
当社は画像認識したコンテンツの利用規約への遵守状況を調査する場合がありますが、JSクラウド上の情報を監視する義務は負いません。当社は、利用者がJSクラウドを利用してアクセスできるコンテンツの正確性、 完全性、妥当性、または合法性については一切責任を負いません。


第3条 利用者の責任
JSクラウドで利用するコンテンツは、他者の知的財産権で保護されている場合があります。他者の知的財産権で保護されているコンテンツがある場合はJSクラウドの利用を行わないでください。利用者はJSクラウドの使用中に行うコンテンツについて全面的に責任を負うものとし、当社は一切責任を負いません。


第4条 著作権
当社は第三者の知的財産権を尊重しており、利用者にも同様に尊重していただきたいと考えております。著作権侵害の申し立ての通知が法律を遵守して適切に当社に提出された場合には、当社はこれらの通知に対応いたします。


第5条 サービスの終了
利用者はいつでもJSクラウドの利用を終了することができます。また当社はいつでも利用者に対するJSクラウドの提供を停止し、またはJSクラウドに対する制限を追加または新規に設定することができます。
また、月額課金を行っている利用者の場合、解約しても有効期限(課金後から30日間)は保持するものとします。30日間の期間限定課金利用者の場合、30日を超過した場合、即座にデータを消去いたします。
利用者が本サービスを終了する場合、30日間の期間限定の場合には、期間を超過することで終了が可能になります。また、利用者が設定メニューから消去することも可能です。
月額課金利用者の場合は、各マーケットから解約を行って頂くことで期間を超過した場合に、データを消去いたします。
当社がJSクラウドを中断する場合、合理的に可能な場合は当社から利用者に対して事前に通知を行い、利用者がJSクラウドの中断に関する情報を取得できるものとします。


第6条 本規約について
当社は法律の改正または本サービスの変更を反映するために、JSクラウドに適用する本規約または特定の当機能についての追加規定を修正することがあります。利用者は定期的に本規約をご確認ください。
JSクラウドや当社各規約に関する修正された規定に同意しない利用者は、前述の「サービスの終了」に従いJSクラウドの利用を停止してください。
利用者が本規約を遵守しない場合に、当社が直ちに法的措置を講じないことがあったとしても、そのことによって、当社が有している権利を放棄しようとしていることを意味するものではありません。


■ プライバシーポリシー ■
本プライバシーポリシーは、利用者の情報の収集、使用、および開示に関する当社の方針および手順を定めたものです。


第1条 当社が収集および保存する情報
製品およびJSクラウドを利用することにより、以下の情報を収集または保存することがあります。
・利用者が入力する情報
・コンテンツ、画像認識したカテゴリ、位置情報、使用言語などの情報
・ログデータ


JSクラウドを利用するときに、当社は利用者のデバイス、および利用者がJSクラウドを使用して行う活動から入手した情報を自動的に記録します。これには、デバイスのインターネットプロトコル (IP) アドレス、ブラウザの種類、言語設定、利用者のデバイスに関する識別情報、操作に関する日時のスタンプ、コンテンツのファイルに関するメタデータ、およびJSクラウドとのその他のやり取りが含まれることがあります。


第2条 当社の個人情報の使用方法
個人情報:有償登録時に利用されたメールアドレス、お問い合せなどで取得しました個人情報につきましては、以下の目的で使用されているか、または使用される可能性があります。
(1) 当社のサービスの提供と改善
(2) お客様のJSクラウド利用に関する管理
位置情報:月額課金利用者のモバイル端末から位置依存情報(GPSなど)につきましては、以下の目的で使用されるか、または使用される場合があります。
(1) 利用者の撮影場所による写真表示場所の分類表示機能
(2) 写真分類を行う場合の判定基準材料
特に、画像解析および位置情報解析はより表現豊かな分類表示を行うことのみを目的としております。特に位置情報は、大きなメッシュ化した情報として扱うことで正確性よりもプライバシーを配慮しております。


第3条 セキュリティ
当社は、情報の送信中および情報の受領後も、当社に提供される情報を保護するために、セキュアソケットレイヤ (SSL) 技術を使用して通信の暗号化を行います。クラウド上に保存されるメディアデータは、高度暗号化を行います。ただし、いかなるデータの電送や保存方法は 100% 安全とは言えません。したがって、完全なセキュリティを保証することはできません。


第4条 プライバシーポリシーの変更
本プライバシーポリシーは随時変更される場合があります。本プライバシーポリシーに、利用者の権利を大幅に制限すると当社が判断する変更があった場合には、利用者にその旨を(電子メールなどにて)事前に通知します。また、その他の状況における変更に関しても通知することがあります。これらの変更が有効になった後も引き続きJSクラウドを利用することにより、利用者は変更されたプライバシーポリシーに拘束されることに同意したものとみなされます。


問合せ先
本サービスについてご不明な点などがありましたら、JSバックアップユーザサポート(apps@jsbackup.net)までメール頂けますようお願い致します。なお、お問い合わせにつきましては電話等では行っておりません。ご了承頂けますようお願い致します。


2016年1月14日

« トップページへ戻る